2012年12月31日

今後のランチ会予定

現在決定している今後の予定です。
参加自由・申し込み不要です。12時10分にランチを持って、直接会場にお越しください。

(調整中)


posted by 県大助教会 at 13:58| 今後のランチ会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

第56回ランチ会レポート@SGD室

今回のランチ会(8/30)は、薬学部の一階、SGD室で行われました。
ブログ執筆担当は薬学部 鰐渕です。

ランチ会の場所として利用したSGD室とは?
会の冒頭に皆様から「ここはどんな場所?」という質問がでましたので、その解答から。

現在の薬学教育において「薬の専門家として身につけるべき基本的な知識・技能・態度を修得する」ことを目的に6年制カリキュラムが執り行われています。その中の一つとしてProblem Based Learning(問題立脚型学習法)を基にSmall Group Discussionを行い、自らの知識を確認し課題を解決に導く課程を経て、問題解決能力の向上を計る手法があります。6〜8人前後のグループを作り、そのグループメンバーで、提示された問題を考え話し合い、より良い正解を導いていくという方法ですね。こうした手法を行う場、Small Group Discussionの略をとって「SGD」という名前がついているわけです。

さてさて説明も非常に簡単ですが終わったことですし
ランチ会で出た話題について話を進めていこうと思います。

話題の中心をなったのは『大学ブランド商品』についてです。

大学のオリジナルグッツとしてタオルや文房具があります
それに加えて大学各研究室において企業と連携しての商品開発も複数行われています。

こうした大学関連商品の販売ってどうなるの?という疑問。
実際に対話し考えてみると、なかなか高い壁があることも見えてきました。

異分野融合。こうしたカテゴリーフリーの対話でも、それぞれの側面より見た景色から発せられる言葉というのは良い刺激になりますね。

それでは このへんで


鰐渕(薬学)
posted by 県大助教会 at 19:46| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

第55回ランチ会レポート@副学長室(松本主催)

体操の内村選手が個人金メダル。サッカー男子も1位通過で湧き上がる日本。
しかし、ランチ会の参加人数は盛り上がらず…。

今回のランチ会会場は、副学長室。
学長室の隣に、薬学部山田静雄教授と国際関係学部富沢寿勇教授の副学長としての執務室があります。

教育者、研究者としての業務とは別に、大学全体に目を配っていただいており、忙しい中、富沢先生が参加してくださいました。

先生の参加は井川先生オンリー。夏休み直前で、オープンキャンパスの準備もあったとはいえ、寂しい。

さて、富沢先生は「ハラール産業」の研究者。イスラムの文化は遠いようで、実はマレーシア、インドネシアもイスラム圏。東南アジアをターゲットの薬開発には必要な知識ですよ。
富沢先生の研究成果の一つとして、http://jams92.org/essay/20110927_tomizawa.pdfをご覧ください。

職員住宅同室の先輩・後輩であることが分かり、意外なところで繋がりがあることに気づき、縁は意外なところにあるものだと感じたランチ会でした。

松本が関わった学術ホール、副学長室と2連続不振。ん〜…。

来週は瀧先生を送る会にして、集まりましょう。

posted by 県大助教会 at 23:00| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。