2011年02月18日

第2回ランチ会@薬学棟

突撃!隣の学部棟!!
本日は薬学棟です!


「異分野融合フォーラム」としての2回目のランチ会は、
薬学棟5F医薬品製造化学教室・教授室(#6522)が会場でした。
菅先生、場所のご提供をありがとうございました!



今回の会場は、このへんの裏側にあたります。

0217-1a.jpg


さすが、歴史を感じますね〜。

0217-2.jpg


薬学棟に足を踏み入れるのは初めてです。
文系の私としては、ここでどんなことが行われているのか、興味津津!

マグカップ代わりにビーカーでコーヒーを出されるのか?
コーヒーに入れる砂糖の量をパーセンテージで聞かれたらどうしよう?

などなど、気になることはたくさんです。
さあ行ってみましょう!!



薬学棟は地下(例の溝ができちゃってる理由)があるのですね。

0217-3.jpg



わくわくー。



ランチ会はこのようなお部屋で開催されました。
本日の参加者は、上野先生(経情)、井川先生(薬)、刀坂先生(薬)、
浅川先生(薬)、国保(経情)、比留間先生(国関)でした。席の並び順です。

0217-4.jpg


あら、意外と普通・・・?!お茶もペットボトル。

0217-5.jpg


しかしよく見ると、壁際に薬品と元素周期表が見えます。

0217-6.jpg




さて、本日のランチ会で決まったことは以下2点。


その1。発起人メーリングリストを作る。
まずは発起人として現在メールをやり取りしているメンバーのコミュニケーション
をスムーズにするためにメーリングリストを新設する(国保担当)。
そしてその後、他の助教の先生方にも広く参加してもらえるように、
個別に呼びかけて行く(各自)。


その2。ランチ会にゲストスピーカーを招聘する。
このランチ会に、学内からゲストをお招きして、ゴハン食べながら雑談程度に
お話を聞けたら楽しいし、県大の魅力の再発見になるのでは?というアイデアです。

というのも、今日のランチ会でも、浅川先生(薬)からお茶の成分に関する
レクチャー的なものを伺いまして、それがとても面白かったのです。

県外から来た私にとって、静岡の方が飲む緑茶の量の多さとおいしさは驚きでした。
静岡に来なければ、ここまで緑茶を飲む機会もなかったし、美味しさも知らない
ままだったと思います。静岡の、素晴らしい地域資源だと思っています。

この緑茶、実際たくさん飲んでいる静岡のある地域は、平均寿命が長かったり、
発がん率が低かったりするそうです。で、そういう疫学的な話から始まり、
その原因が緑茶にあると特定し、その緑茶の中でもどの成分が効くのかを調査し、
その成分だけ抽出した薬剤を作るにはどうするか・・・ということをこの
建物の中でやってるんですよーという話を聞きました。

で、こういう話って面白いよね〜、もっと聞きたいね〜となったのです。

学内の先生が、学外でご活躍されている噂を耳にすることはあるのですけど、
研究内容をしっかり伺う機会というのは意外と無いもので、ましてや他学部の
先生となると年に1,2回です。県大には、実は面白い研究をされている先生方が
たくさんいらっしゃるので、せっかくならそういう資源を十二分に享受していきたい!
それもパネルのような堅苦しい感じではなくこれくらい緩く、という話になりました。

というわけで、早速ゲストの先生方のアポ取り開始です(井川先生・国保担当)。




さて、ランチ会としてはここで終了だったのですが、せっかくなのでという
ことで、研究室をご案内していただきました。わーい!


まずは「医薬品製造化学第1研究室」。舌噛みそうです。

0217-7.jpg


おお、薬品系の研究室っぽい!!

0217-8.jpg 0217-15.jpg


よりらしくするために、そこにいた学生さんにポーズをとっていただきました。
やらせじゃないですよ!「演出」です。

0217-10.jpg 0217-11.jpg


同じく研究中の学生さん。ちょっと笑ってる気がするけどやらせじゃないですよ!

0217-12.jpg 0217-13.jpg


お茶まつり・・・?

0217-14.jpg


この冷蔵庫は防爆庫というんだそうで、爆発する可能性のある薬品の貯蔵庫
なんだそうです。ココに入れておくと爆発しても大丈夫だそうで。
(ところで上に乗ってるピコピコハンマーは何??)

0217-16.jpg


マイナス80度の冷凍庫。バナナで釘が打てる温度です!(一度やってみたい)

0217-17.jpg


こちらの学生さんも実験にたいへんお忙しいごようす。

0217-18.jpg


廊下にヘリウムガスとか転がってるのは不思議な光景ですね。

0217-19.jpg 0217-20.jpg


これは強力な磁気を出してるマシーン。
腕時計とかしたまま近寄ると、すごい力で引き寄せられちゃうそうです。危険危険。
何に使う機器なのかは、説明してもらいましたが忘れました(すみません)。

0217-21.jpg


トイレットペーパーが大量にある・・・。
薬品を拭いたりするのに、安価なので多用するそうです。

0217-22.jpg 0217-23.jpg



そんな感じの楽しい見学ツアーをもって、本日のランチ会は終わりました。
次回は2/24(木)@国関棟3F・比留間研究室(#3311)です。

ではまた来週!!




(国保)


posted by 県大助教会 at 03:37| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

今後のランチ会のご案内

今後のランチ会の予定です!
ランチ会は強制ではありません。予約も不要です。
空いている方は、12:10に会場に直接お集まり下さい。


第2回 2/17(木) 薬学棟5F 医薬品製造化学教室・教授室(#6522)

第3回 2/24(木) 国関棟3F 比留間研究室(#3311)

第4回 3/03(木) 環境棟2F 会議室(#12210)




posted by 県大助教会 at 18:02| 今後のランチ会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回ランチ会の開催

「異分野融合フォーラム」として、1回目のランチ会が開催されました!
本日の会場は一般教育棟2102-1の国保研究室です。

20110209-3.jpg


今回の参加者は、岩尾先生(薬)、刀坂先生(薬)、井川先生(薬)、浅川先生(薬)、
国保(経情)、岩村先生(環境)、上野先生(経情)、比留間先生(国関)です。
席の並び順です。

20110209-1.jpg 20110209-2.jpg


県大の25周年記念事業がきっかけで発足したこの活動ですが、異分野の
先生と話をする機会はそれほど多くないので、こういうカジュアルに
話せる場というのはとても貴重です。

まずはお互いのことをよく知りたいよねという話になり、毎週木曜日に、
会場持ち回りで一緒にランチを食べようということになりました。
というわけで、来週木曜日(17日)は、薬学部棟5階 #6522 にて開催されます。
ご都合の付く方は直接会場にランチを持参のうえお越しください。
ビーカーでお茶が供されるという噂は本当なのか、皆で確かめに行きましょう!
ドタ参も歓迎です。


その他にも、

 ・毎週木曜はランチ会を開催(2/17は薬学棟5F#6522、2/24は国関棟3F#3311、
  3/3は環境棟2F会議室#12210)

 ・研究というより、教育を目的にやっていく

 ・学生も参加できるような形を目指す

 ・タスクの1増1減ルール(基本的に多忙な助教同士で助け合える道を模索し、
  それで空いた時間で新たな活動をつくる)

 ・ブログ等を通じて情報発信を積極的に行う

 ・多分一番忙しいであろう看護学部が負担なく参加出来る方法を探す
  (被験者になるとか?要確認)

などが決まりました。


こうやって助教同士の交流が増えることで、静岡県立大学をもっともっと
面白くしていきたいと思います!


なお当ブログのタイトルは、理系棟の前にあるこの象徴的な溝↓を超えて
交流していきたいという気持ちを込めてつけてみました(笑)。
Moore(1991)からの拝借です。

20110209-4.jpg


(国保)






posted by 県大助教会 at 17:42| 異分野融合フォーラムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。