2011年05月31日

第13回ランチ会 in薬学棟

突撃! 隣の学部棟!
本日のレポーターは、国際の比留間です。
目指すは薬学部棟、岩尾先生のお部屋。

今日は5月26日。曇空で、少し肌寒いです。

R0018806.JPG

空とイチョウと薬学部――

R0018785.JPG

初めて歩く廊下。
お部屋の前で、岩尾先生がにこやかに待っていてくださいました。
こういう顔見知りが増えて、うれしいです。

R0018786.JPG

書斎のような落ち着いた佇まいですね。ソファーの奥にご注目ください。
大切そうに布に覆われているのは…この雰囲気なら、絶対ピアノにしか見えません!!

R0018802.JPG

まさかのロボット!! いや巨大プリンターでした。
ちゃんと確認してよかったです。
あやうく、理系棟にはロボットが住んでいる、という都市伝説をつくってしまいそうでした。

R0018803.JPG

岩尾先生は、学生だけだと人数が足りないから、とソフトボールに出かけました。薬学部が毎年開催している大会で、いまはリーグ戦中とのことです。

まずは、ざっくばらんに、いろんな話題で盛り上がりました。
井川先生がもってきたタンブラーに元素の周期表が!!! 文系の国保先生と私がカガク反応してしました。欲しいんですけど!!! 日本化学会に入会するともらえるそうです。井川先生、脱会→再入会→脱会→再入会して、あと2つ手に入れてください。

R0018794.JPG

他に、被災地支援のこと(ある少年野球チームにグローブを送る案が出ています)、県大のホームページのこと、このブログのこと等について意見交換。そして肝心の25周年記念について真面目に話し合いました(このブログはあえて真面目半分にしています)。 

R0018795.JPG

左から井川先生、伊藤先生、国保先生、刀坂先生、上野先生。参加者は他に、岩尾先生(ソフトボール中)。比留間(撮影中)。


この会も回を重ね、かなり率直に話ができるようになってきました。よね?
このような人とのつながりをもっておくことが今後いろんなことに活きてくる、と私は思っています。ランチ会にまたゲストをお呼びしよう、という話も出ました。

私たちが考えていることの一つは、県大のランチタイムをより充実させることです。仕事の合間に異分野の者同士で談論風発する。今までとは違った気分転換にもなり、優れた人とのつながりやオモロイ着想が得られるかもしれませんよっ、と――我々にその種まきができれば、と願っています。    

凱旋した岩尾先生。

R0018801.JPG

岩尾先生、今日はお邪魔しました。お陰様で今日も有意義でした。


次回の第14回ランチ会は、6月2日(木)に経営情報学部の上野先生の研究室(#4406)にて行う予定です。


(比留間)
posted by 県大助教会 at 03:47| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

次回のランチ会

次回第13回のランチ会は、

5/26(木)で、場所は岩尾研究室(薬学部棟1階・6121教員室)です!




posted by 県大助教会 at 19:12| 今後のランチ会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

第12回ランチ会 in薬学棟

突撃!隣の学部棟!!
今回は環境研の岩村が担当させて頂きます。

さて、5月12日(木)12:10から、薬学棟3Fの医薬品創製化学分野(6321)でランチ会が開催されました。

IMG_1.jpg

他学部の建物に入っても、もっぱら通ることがほとんどですので、やはり他の研究室にお邪魔するのは毎度のことながら緊張します。特に内向的な大阪人である私(←この点については異論のある方もいらっしゃいますが・・・)は、今回も心臓をバクバクさせながら突撃させて頂きました。

IMG_2.jpg

6321はゼミ室とお伺いしていたのに、教員室となっているので、少したじろきましたが意を決して突撃!!
・・・と室内のテーブルの中央にたくさんのお弁当が!!(驚)

IMG_3.jpg

医薬品創製化学分野の研究室では、多数の学生さんが在籍されているので沢山のお弁当があったんですね。毎日、日替わりのお弁当が配達されるというのは、食べに行くあるいはお弁当を買いに行く手間が省けるのでとても効率的ですね。


さてさて、今回、ランチ会にご参加頂きました先生は、井川先生、比留間先生、国保先生、岩村で、創立25周年記念事業の企画内容について、それから県立大学の広報について議論を行いました。

IMG_4.jpg

これらの議論の中で、再度、学部間を越えた研究、調査、活動の発表の場をつくってはどうかという意見が出ました。


また、これらの話題とは別に、東日本大震災に関連して2つの話題提供がありました。

1つは、経営情報学部の国保先生から、東日本大震災・静岡県災害ボランティア募集についてお話がありました。

これは、岩手県遠野市浄化センター敷地内の災害ボランティア支援センターを拠点に、釜石市・大槌町・陸前高田市などでのボランティア活動をするというものです。

具体的には、被災地内の家屋の片付け・瓦礫の撤去(土砂のかきだし)・炊き出し・足湯サービス・送迎用大型バスのドライバーなどに従事するという内容です。但し医師、看護師、保健師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカー、社会福祉士・介護福祉士や保育士、調理師、理美容師など専門職として参加できる方は、被災地内で必要とされるニーズを別途調整の上で活動に入る場合があるとのことです。それから、参加には旅費3,000円、宿泊費1泊500円と食費がかかるそうです。

参加希望の方は、こちらから直接申込みできます。
(現在7/25までの分は募集定員に達したそうですが、それ以降も募集がある&キャンセル枠が出る可能性があるそうです)

また、参加にあたっての相談は国保先生の方でも受け付けて下さるとのことでした。


もう1つの話題は国際関係学部の比留間先生からで、5月20日に下記の報告会と説明会が開催されるとのことでした。

(1)緊急!東日本大震災ボランティア現地報告会
日時:5月20日(金) 18:00〜19:00
場所:国際関係学部棟1F 3108教室

(2)ボランティア説明会
日時:5月20日(金) 19:00〜19:30
場所:国際関係学部棟1F 3108教室

(1)の現地報告会は、ボランティア活動に参加して戻ってきた県大の学生による報告会とのことです。また、(2)の説明会は今後のボランティア活動に向けて、ボランティアの基礎知識を身につけておこうというのが目的の会です。


今回のランチ会も、様々な話題が飛び交う密度の高い1時間でした。



(岩村)
posted by 県大助教会 at 07:35| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。