2012年03月16日

第44回ランチ会レポート@図書館の休憩室

みなさん、図書館に飲食できる場所があることをご存知でしたか?本日のランチ会は、コホちゃんに誘われて図書館の休憩室で開催しました。図書館に入って右に曲がった右手に外から隔離された個室があります。ここが休憩室。図書館の本などは持ち込めませんが、綺麗な机と椅子が並んでいて、とても雰囲気がいいところでした。是非、学内でのランチにお勧めの場所です。

picture_1.JPG

参加者は、左から海野先生(薬)、浅川先生(薬)、松本さん(産学連携室)、井川(薬)でした。ブログは井川が担当します。松本さんのお蔭で薬学部の助教会役員ランチ会にならずに済みました(笑)。いつもご参加ありがとうございます。直接、研究費や申請書類のことを相談できるので、有難いです。

picture_2.JPG

この部屋は、窓が大きくて明るいので非常に快適でした。ここから、前を人が歩いて通るのがよく見えます。あっ。食品の伊藤先生だ!!なんてこともあります。

picture_3.JPG

昨日はホワイトデーということもあり、紳士な浅川先生はマカロンをご用意くださいました。そして、今日のランチ会では、食べ物の話をしている間に時間切れとなってしまいました。チラシは…?まあ、何とかなるでしょう。

今週からは主催者とブログ原稿作成者を一緒にすることにしました。しばらく、試してみましょう。

ラブケミストリー 井川
posted by 県大助教会 at 09:10| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

第43回ランチ会@薬学部棟

本日のリポーターの比留間です。

R0019683.JPG
今回の参加者は、(左端から時計回りに)浅川先生(薬)、後藤さん(事務局)、酒井さん(事務局)、国保先生(経情)、井川先生(薬)、比留間(国際[撮影者])でした。

場所は、菅先生、浅川先生のお部屋。菅先生のお部屋にお邪魔するのは、かれこれ3度目になります。菅先生、いつも我が物顔でお部屋を占拠していて恐縮です!ホントに有難うございます。管先生は、今日も途中、話に加わって、ベトナムの話やお茶の研究の話をして下さいました。

R0019682.JPG
酒井さんは、出来たての『はばたき』V.119 をお届けくださいました。9-10頁に、異分野融合フォーラムの記事が掲載されています。酒井さんのご尽力の賜物です。井川先生も文章を寄せています。後藤さんからは、松本さん(事務局)がテニス大会の参加者を募集しているとのお知らせがありました。

さて、(異分野融合フォーラムの成果をまとめた)チラシの最終的な詰めの作業を行いました。とくに酒井さんと国保先生とで話がチャキチャキと進みました。私なぞは「さすがだなあ。フムフム」と横で楽しく聞いていただけでした。

R0019698.JPG
奥に菅先生の姿が見えます。


R0019701.JPG
これめっちゃおもろいんですよ。今度遊びません?(by浅川先生)


わたくし比留間は、3月3日から3月11日まで、文科省GPの一環で学生を引率してベトナム出張に行ってきまーす。

学部という『国境の南』にはいったい何があるんだろう
クロッシングザキャズム(溝を越えるということ)
イティイズンベリハートゥドゥー(それはそんなにむずかしいことではないよ)???


(国関・比留間)



posted by 県大助教会 at 13:35| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

第42回ランチ会@創薬探索センター

今回は、薬学部 浅川が担当させていただきます。
とはいえ一ヶ月も更新を滞らせてしまい、誠にすみません。
2月9日の報告になります。

一般教養棟 創薬探索センターにて海野先生がセッティングしてくださいました。

0209-1.jpeg

今回の参加者は左から、比留間先生(国関)、井川先生(薬)、鰐渕先生(薬)酒井さん(事務局)、海野先生(薬)、小松さん(国関学生)、浦野先生(経情)、あと浅川(薬)でした。

創薬探索センターについては7月20日の書き込みで比留間先生からご紹介がありました。)

薬学部からは一切富士山が見えない(立入禁止の屋上からならなんとか…)ので、道中、富士山を撮りまくっていたら、道行く人に変な目で見られました。まぁ、いつものことなんですけどね。

0209-2.jpeg

それはさておき、25周年記念事業の目玉としてやってきた異分野融合フォーラムですが、もうすぐ26周年目になってしまうので、ここらで中区切りをもうけることになります。要は報告書を作成するのですが、当フォーラムの活動をどう表現するか、が議題となりました。

普段、研究内容を如何に伝えるか、特に“一般の方に向けて”を考えてはいるのですが、私は非常に苦手としているところであります。本会に参加されている皆様の意見を聞いているだけで、非常に勉強になりました。

話し合った内容を少し紹介させていただきます。

1、対象の設定:
広かれ狭かれ、どんな人に知ってもらいたいか、それにより書き方も変わるということですね。一体誰に伝えたい内容だったのか、改めて議論されました。

2、内容:
行ってきた活動、その効果についてどう表現するか、内向きにならない様工夫が必要です。参加者の方々のお話を盛り込む等、コンテンツの選択を考えました。

3、レイアウト:
内容もさることながら、最も重要な要素でしょうか。バランス感覚、美的感覚等、様々なスキルが必要とされますよね。広報室酒井さんをはじめ、皆さんの意見はスマートで、広告作りって面白いんだなぁと思いました。(泥臭い意見しか出せない私は、今後の参考にさせていただきます!)


一方その頃、私はあいかわらず諸先輩方に子育て相談をもちかけ、いろいろ情報収集をさせていただきました。


(薬・浅川)


posted by 県大助教会 at 13:26| ランチ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。